Cannot purchase this item
Premier Live Ticket

さよならを教えて 〜comment te dire adieu〜

Video will not be published

<時間変更>さよならを教えて 〜comment te dire adieu〜 20周年トーク&ミニライブイベント
当公演は新型コロナウイルス感染拡大の影響により発令された時間短縮営業要請の延長を受け、
開演/終演時間を変更させて頂くこととなりました。

<変更事項>
開演 18:00(21時ごろ終了予定)→開演 16:45(諸注意などのアナウンスは16:30から始めます)

<イベント終了後アフタートーク配信(無観客)のお知らせ>
時間短縮営業要請の延長を受け、当初よりもタイトなスケジュールを余儀なくされたため
緊急アフタートーク配信(無観客)を行います。

アフタートーク配信 イベント終了後〜21:00ごろ(予定)
※こちらもアーカイブを残しますので当日ご都合が合わない方も追ってご覧いただけます。
※こちらのアフタートークはどなたでもご覧いただけます。

【出演】
長岡建蔵(原案&原画)
さっぽろももこ&PINPONS(主題歌&BGM)
石埜三千穂(シナリオ)

【司会】
谷道non


その他、スペシャルシークレットゲスト様も登壇予定です!

主題歌生ライブ&製作陣トークショー&その他にもコーナー盛りだくさん。
※出演者、演目は予告なく変更の恐れがございます。
伝説とされるゲーム、「さよならを教えて 〜comment te dire adieu〜」発売20周年記念、3月13日黄昏時限りのスペシャルイベントになります。
会場ではノベルティ付きのさよならを教えてコラボドリンク&限定グッズも予定しております。(グッズは通販有り)

この機会をお見逃しなく!

※状況に応じて出演者の変更、キャンセル、配信のみになる可能性もございます。ご了承ください。

<注意事項(ツイキャスでのインターネット観覧ご希望の方)>
※配信を録画するなどして、再配信する行為は禁止させて頂いております。
※お客様のインターネット環境、視聴環境に起因する再生不良があった場合、払い戻しは致しかねますことを予めご了承ください。
推奨環境はこちらをご参照ください
https://twitcasting.tv/helpcenter.php?..

Purchase Ticket

さよならを教えて 〜comment te dire adieu〜 3,000 JPY
Login and Purchase

Other items

Premier Live Ticket
12/30/2020 (Wed) 20:00 JST
別冊・非週刊女性ポパイ 年末!自粛警察24時
2020年12月30日 START 20:00〜 【出演】YM0(高橋ユキ+能町みね子) 裁判傍聴人である高橋ユキと、事件マニアとしても知られる能町みね子が、お互いに飲みたい、話したいという単純な理由から結成したあやしいユニット「YM0」。 互いの「研究発表コーナー」を設..
Premier Live Ticket
4/7/2021 (Wed) 20:00 JST
非週刊女性ポパイ 第3号
【出演】YM0(高橋ユキ+能町みね子) 裁判傍聴人である高橋ユキと、事件マニアとしても知られる能町みね子が、お互いに飲みたい、話したいという単純な理由から結成したあやしいユニット「YM0」。 創刊号、第2回では、最近の殺人事件、裁判事情、ベタ記事事件までを掘..
Premier Live Ticket
10/8/2020 (Thu) 19:30 JST
ファッキン・トランピストは・ムービー・マスクをしない・トーク!
感染拡大、B.L.M運動…混沌の中のアメリカの今を現地レポート連載をまとめた町山智浩、 『すべての映画は政治的だ!』と、映画を取り巻く環境の変化を語り下ろした高橋ヨシキとてらさわホーク。 激動の日米近代文化史に楔を打ち込む2冊の刊行を記念したイベントが緊急決定..
Premier Live Ticket
12/5/2020 (Sat) 19:30 JST
出張!りくうたピースラジオ4
【出演】 うた子 りくやとおる 同人女による同人女のための同人女ラジオ 『りくうたピースラジオ』出張トークライブ第四弾! 今回は阿佐ヶ谷ロフトAの会場から有料配信版でお届けです!!
Premier Live Ticket
4/6/2021 (Tue) 19:00 JST
水道橋博士のライブ「阿佐ヶ谷ヤング洋品店vol.2」
水道橋博士が立ち上げたライブ番組「阿佐ヶ谷ヤング洋品店」の第2回は、町山智浩さん、ダースレイダーさんをお招きして、博士の著書「藝人春秋2.3」の大読書会を開催します。 ベストセラーとなった一作目とは一転して様々な物議をかもした問題作について、水道橋博士が文..